2019-10

モチベーション

勉強仲間として避けるべき7種類の人間【一人で学ぶも良し】

一人で頑張るより、同じ目標、同じ志しがある仲間がいると、辛いことがあっても頑張れます。情報交換したり、疑問点を解消し合ったり、モチベーションを高め合える利点があります。
教育・子育て

中学生のうちに”多忙”をの経験すべき【学校も部活も習い事も】

小学生から中学生に上がると生活リズムは大きく変わります。中には部活にも入らない中学生もいますが、部活だけでなく、塾、運動、音楽といった習い事もしている子どもも多くいます。
学ぶヒント

スキマ時間勉強のすすめ【隙間時間での勉強こそはかどる】

自分なりの勉強ルールはありますか。例えば、毎日夜8時になったら勉強する。といった簡単なルール。学習習慣が身についていない人、特に子どもにとっては有効なルールです。しかし裏を返せば、夜8時にならないと勉強しない。ということです。
モチベーション

勉強の成績が上がらない人間の”6大言い訳”【だったら改善しろ】

成長していくと物事の理由を客観的に捉えられるようになってきます。大人もそうですが、中学生ともなると、原因や理由を考えることが出来てきます。しかし、勉強で「出来ない理由」ばかり並べ、改善しない人もいます。
教育・子育て

中学受験の算数で手こずる女の子の6つ特徴【改善策】

中学受験の算数は好き嫌いがはっきり分かれる科目です。特に、国語は大得意なのに、算数嫌いの女の子。受験は全科目バランスよく得点するのが合格のポイントです。
教育・子育て

【勉強できる子にする】小学生で身につけたい10のこと

子どもは小さい頃に何を身につければ「あと伸び」するのでしょうか。小さい頃に、最低限できるようにすべきことを紹介します。
教育・子育て

「勉強する意味ねぇ...だりぃー」と言う中学生の男の子への対処法

子どもが中学生になると、体の成長とともに、自分の頭で物事を考えることが多くなります。「何でこんなことすんの?」という疑問が増えます。親であれば、以前のような素直さがなくなり、なかなか言うことも聞かず、うんざりしてしまうことも。
学ぶヒント

学習効果を上げるには日頃の生活を整える【6つのことから】

勉強したことは効率よく自分のものにしたいのものです。学習効果を引き上げるには、まず日頃の生活習慣を見直してみることも良いかもしれません。
教育・子育て

学校での勉強が全てではない【高校に行く必要性~通信で学べる~】

日本の学校教育は6・3・3・4制です。小学校6年間、中学校3年間、高校3年間、大学4年間。義務教育では、友人とともに授業を通して”生きる力”を培います。学校教育の良い点と悪い点を考え、今後の学ぶ手段を考えていきましょう。
学ぶヒント

成績を上げるために”やめるべき”10のこと【勉強に集中するために】

勉強しているつもりでも成績がなかなか上がらない。紹介する”10のこと”に心当たりがあれば、そのことを一時中断してみるといいかもしれません。
教育・子育て

塾に通っても成績が上がらない人の10の特徴【勉強以前の話】

子どもが自宅で全然勉強しない。ならば、勉強してもらうために塾に通よわせ勉強させようとする親御さん。 しかし、塾に通えば自然と学力がつき、必ず全員が成績が上がると思ったら間違いです。
教育・子育て

面倒くさがり屋の操縦法【勉強しない子への接し方】

何でもかんでも面倒くさがる子どもいませんか。登校の準備、学校の提出物、塾の宿題、片付けなど、日常のあらゆる場面でなかなか行動しない子どもはよくいます。特に男の子を持つ家庭からよく聞かれることです。
学ぶヒント

千利休から学ぶ【守破離とは】

今回は、学校の教科書にも登場する千利休の茶道の教えから学びます。日頃の勉強への望み方に活かせることがあるはずです。ご参考にしてください。
○○から学ぶ

ビヴァリー・シルズから学ぶ【失敗を恐れず挑戦する】

成功者を真似することで多くのことが学べます。今回はオペラ歌手であったビヴァリー・シルズから学べることを見ていきます。 主に1950年代から1970年代に活躍されたアメリカのオペラ歌手です。
タイトルとURLをコピーしました